新日本橋の歯医者|虫歯・歯周病・インプラントなどすべての方へ 東京都中央区日本橋本町2-6-13 山三ビル1F

メールでのお問合せはコチラ 03-3249-0174

歯周病
Perio

できるだけあなたの歯を残すために

患者様のお悩みを丁寧に聞き、できる限りご希望にお答えできるように寄り添う治療を心がけています。
患者様の自分の歯を残したいという気持ちを尊重いたします。
他の医院で抜歯を診断された方もお気軽にご相談くださいませ。

歯周病治療について

歯周病とは

日本の成人の約80%が感染している歯周病。
歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。 歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。
歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。 歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。
専門的な治療が必要なるケースがあります。また、歯周病は痛みがないため早期発見が難しいものとなっています。

ご自分でできるセルフチェック

・朝起きたとき、口の中がネバネバする。
・ブラッシング時に出血する。
・口臭が気になる。
・歯肉がむずがゆい、痛い。
・歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
・かたい物が噛みにくい。
・歯が長くなったような気がする。
・前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

歯周病になる原因

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

次のことも歯周病を進行させる原因となります。

・歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
・不適合な冠や義歯
・不規則な食習慣
・喫煙
・ストレス
・全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
・薬の長期服用

全身疾患との関係性

歯周病は以前から糖尿病の合併症の1つと言われてきました。
さらに、最近歯周病になると糖尿病も悪化するという関係も明らかになってきました。
その他にも、脳梗塞や心筋梗塞とも関係があり、とても脅威な存在となっています。

歯周病の予防について

~適切なブラッシング~

何よりも大事なのは適切なブラッシングです。
患者様一人一人にあった歯ブラシ・磨き方をご提案させていただきますのでぜひ、健診にお越しくださいませ。
※また、歯磨きの際に歯茎からの出血をしている方は歯周病の疑いがありますので一度、ご相談されることをお勧めいたします。

SRP

病気(虫歯・歯周病)の原因である歯垢・歯石、バイオフィルムなどの細菌を機械的に除去し、細菌が付きにくい環境をつくります。
SRPとはスケーリング&ルートプレーニングの略です。 スケーリング&ルートプレーニング(以下SRPと記します。) とは歯周病治療の1つで、ハンドスケーラーと呼ばれる専用の器具や、超音波の器具を用いて歯周ポケットの中(歯ぐきの中の歯の根に隠れている部分)の歯垢(プラーク)や歯石を取り除くこと。 また、汚染された根面のセメント質や象牙質を除去してなめらかな根面にすることです。

歯周病治療の流れ

 

1. 歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

 

2. プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。
歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。 簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。
軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

 

3. 歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。 このような場合は外科的な治療が必要となります。 麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

 

4. メンテナンス

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

 

抜歯を抜かずに治療するメリット・デメリット

 

メリット 他の歯の悪化を防ぐことができる
デメリット 他の骨をも悪くしてしまう
口臭がきつくなる
痛み

電話でお問合わせ

メールでお問合わせ