新日本橋の歯医者|虫歯・歯周病・インプラントなどすべての方へ 東京都中央区日本橋本町2-6-13 山三ビル1F

メールでのお問合せはコチラ 03-3249-0174

虫歯治療
Caries

虫歯治療について

虫歯とは

虫歯とは細菌が糖質から酸をつくりだし、歯を溶かしてしまって穴が開いた状態です。
歯の表面に付着したミュータンスなどの虫歯菌に糖質がつくとべたべたした菌体内多糖をつくりだし、歯に付着します。
その状態をプラーク(歯垢)といいます。
プラークの中で砂糖や炭水化物が発酵して、酸ができ、蓄積します。その酸が石灰化した歯を溶かしていきます。

治療の痛みに対する当院の配慮

虫歯の治療といえば、やはり皆さん怖いという気持ちを持ってらっしゃる方がほとんどだと思います。
そこで当院は、できる限り患者様に怖い思いをしてほしくないため、定期的な声かけを行っております。
そして、治療をなるべく早く終わることを心がけ、少しでも早く患者様にリラックスしていただきたいと思っております。

虫歯を予防するには

・適切な歯磨きを行う
予防の基本となる歯磨きが一番大事です。
プラーク(歯垢)のつきやすいところは特に注意してみがきましょう。
また、プラークは粘着性が高いので、1ヶ所20回以上みがくようにしましょう。

・定期的な検診を行う
毎日しっかり歯磨きを行っていても、どうしても歯磨きだけではでは落とせない歯垢というのもあるので、 定期的な検診にきていただくのがベストです。
最低でも半年に一回は定期的な検診に来ていただくことが望ましいです。

虫歯のレベルについて

虫歯にはC1、C2、C3、C4と四段階のレベルがあります。

~C1~

虫歯の範囲が歯の一番表面のエナメル質にとどまっている場合です。痛みは感じません。しかし、鏡で見て黒いすじや黒い点が見えたらそれは小さな虫歯かもしれません。
治療法
黒い部分をけずって簡単な詰め物をします。この程度の虫歯なら殆ど痛みもなく治療を終えられます。1回の治療で済むことが多いです。

~C2~

虫歯の範囲が神経に近い象牙質に達しています。はじめは冷たいものが染みますが、そのうち熱いもの甘いもので、痛みを感じるようになります。
治療法
初期のうちは簡単な詰め物で済みます。治療回数は1~2回程度。

~C3~

神経のある場所まで虫歯が広がっています。飲食にかかわらず、ズキズキと痛みます。痛みがなくなっていたら、それは治った訳ではないのです。神経が死んでしまっている可能性があります。
治療法
神経を取り除き、その歯にかぶせ物をして、元のように安心して噛める状態にもどします。1~2ヶ月程(場合によってはそれ以上)治療に要することがあります。
しかし、ここできちんと治療をしておかないと歯を抜かなくてはいけない状況になってしまいます。

~C4~

虫歯が痛くないといって長い間放っておくと細菌が神経を腐らせてついには歯の周りの骨に膿がたまります。
治療法
歯の根の中を掃除・消毒して治すことができる場合と歯を抜かなくてはいけない場合があります。



電話でお問合わせ

メールでお問合わせ